ボトックス注射で理想の自分|シワシワ改善で美貌を実現

しわの悩みにさようなら

お腹

目尻のしわには特に効果的

目尻や眉間の付近にできるしわが気になり始めたら、ボトックス注射で改善するのがおすすめです。なぜなら目尻に細かくたくさんできるしわに化粧品を塗り込んでも、こういったしわはなかなか目立ちにくくはならないからです。このタイプのしわは、化粧品で対処するよりも美容クリニックへ出掛けていって、ボトックス注射を打ってもらうのがはるかに簡単で効果的です。というのも目尻などにできる表情じわには、どんなに保湿成分を贅沢に使った美容液などを使っても、しわの原因が表情筋の動きそのものにあるため効果が出にくいのです。しかしボトックス注射なら、表情筋の動きを一発で止めることができます。表情筋の動きを注射で止めてしまうなんて、表情の乏しい顔になってしまうのではないかと不安になる人もいることでしょう。ですが顔の表情筋に対するボトックス注射という治療法にはすでに長い歴史があり、注入するボトックス製剤の量や打ち方などのメソッドについても最も効果の高いものが確立されているので心配はいりません。また、万が一技術が発展途上であるような医師によるボトックス注射を受けて少々効果が出すぎたというような場合でも、注入したボトックス製剤の効果は数ヶ月くらいで自然と消えていくのでしばらく待てば自然な表情が戻ってきます。近年、美容クリニックごとにボトックス注射のやり方にも独自の工夫が見られるようになってきているため、これからも目尻や眉間のしわを解消あるいは改善するためにボトックス注射を受ける人の数は増加していくと予測されます。

汗腺にも有効に働く

ボトックス注射が表情筋の動きを止められるメカニズムは、ボトックス製剤の原料であるボツリヌス菌に由来しています。ボツリヌス菌が食べ物の上で繁殖すると中毒を起こしてしまうのは、この細菌が持つボツリヌストキシンという麻痺作用を持つタンパク質によるものです。このボツリヌストキシンというタンパク質は、生理食塩水を使って十分に希釈することによって安全なものに変えることができます。このことに着目した医師によって、当初は筋肉麻痺が起こる病気を治すために使われていたのがボトックス製剤なのです。実際にボトックス注射を行う際は、この希釈されたボトックス製剤をさらにクリニックで希釈して用いるので安全性にはなんの問題もありません。調査によれば、ボトックス注射が行われる際のボトックス製剤の濃度は、ボツリヌストキシンが食品の中にあって中毒を起こす状況と比べると数千分の一程度にまで薄まっているとされています。このように安全性が確立されているので、顔の筋肉にも安心して注射することができるのです。また、ボトックス注射は表情筋のしわを緩和するという以外にも、わきがや多汗症などを治療するのにも利用されています。これは、ボトックス製剤がわきがをもたらすアポクリン腺や大量の汗の原因となるエクリン腺などの汗腺の作用をストップさせることができるからです。このため、ボトックス注射は表情筋の動きによるしわに悩む世代の女性だけでなく、汗の臭いに悩む若い女性にとっても大変役立つ治療法といえます。